2018年 7月 18日 (水)

日産、自動ブレーキ搭載車種を拡大 2015年度中、ほぼすべてのカテゴリーに

印刷

   日産自動車は、「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」の採用車種を拡大し、2015年度中に国内で発売している電気自動車、商用車を含むほぼすべてのカテゴリーに搭載を完了する。2015年1月23日に発表した。エマージェンシーブレーキは日産のセーフティシールドコンセプトのもと開発し、現在、「スカイライン」「エクストレイル」「セレナ」「ノート」「デイズ」「デイズルークス」の6車種に搭載への搭載を完了。スカイライン、エクストレイル、ノートの3車種は、国土交通省などが最高ランクであるJNCAP「先進安全車プラス(ASV+)」に選定するなど、安全性が高く評価されている。

   日産は2020年までに自動運転技術の段階的な実用化を目指している。今回の「エマージェンシーブレーキ」の搭載車種の拡大は、自動運転につながる要素技術である「カメラ認知技術」や「操作自動化技術」を活用し、これらの技術がもたらす安全性をより早くユーザーに提供するもの。また、こうした要素技術は「エマージェンシーブレーキ」だけではなく、「アラウンドビューモニター」や「インテリジェントパーキングアシスト」、「スマートルームミラー」にも取り入れており、こうした技術も今後積極的に搭載車種の拡大を図っていくとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中