2019年 3月 27日 (水)

韓国製即席めん、過去3年で対日輸出半減 「嫌韓」と為替変動で今後の見通しも暗い

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   日韓関係の停滞の影響は、両国の「食」にも及んでいるようだ。韓国製即席めんの対日輸出量が、過去3年で半減したという。

   しかも通貨ウォン高により、メーカーは販売価格の値上げへと踏み切らざるを得ない。日本が最大の「お得意様」だっただけに頭が痛い。

日本との取引縮小で総輸出量、輸出額が初めて前年比減

韓国の食料品店で販売されている即席めん
韓国の食料品店で販売されている即席めん

   東京・新大久保にある韓国の食材店を、記者が訪れた。入口ドア前の目立つ位置に「辛ラーメン」の真っ赤なパッケージが山積みされていた。店内に入ってすぐの場所には小型の専用鍋とラーメンのセットが販売されている。韓流ドラマで出演者が鍋から即席めんを食べるシーンの写真を掲示し、「これが正しい食べ方です」と紹介していた。店内の棚には、各種袋入りめんやカップめんが並ぶ。買い求める客の姿も時折みられた。

   専門店での売れ行きは上々に見えたが、統計には厳しい現実が浮かび上がる。韓国・聯合ニュースはじめ複数のメディアによると、韓国農水産食品流通公社などが、2014年の韓国製即席めんの対日輸出額は前年比23.5%減の2447万9000ドル(約28億9500万円)だったと発表したという。

   対日輸出量も、2014年は5534トンで前年比26%減と不振。3年続けてのマイナスで、ピークだった2011年の1万1405トンから半減となった。これにより、最大の輸出先は日本から米国に変わったという。日本との取引の縮小は大きな打撃で、2014年は韓国の即席めん全体の総輸出量、輸出額ともに初めて前年を下回った。

   業界では対日輸出減が続く理由に「嫌韓」を挙げたという。減少傾向が顕著になったのは2012年で、李明博大統領(当時)が島根県・竹島に上陸し、日韓関係が急速に冷え込んだ年にあたる。2013年2月に就任した朴槿恵大統領も、歴史認識を巡って今に至るまで対日強硬路線を崩しておらず、両国の関係改善が進んでいない。

   同じように対日輸出が「右肩下がり」で落ち込んでいる食品がある。韓国の伝統酒、マッコリだ。韓国主要紙「中央日報」日本語電子版は2015年1月20日付記事で、2011年には日本への輸出額が4841万8000ドルと過去最高を記録したが、2012年には3199万ドル、13年に1362万5000ドル、さらに14年には914万8000ドルとピーク時より8割減になったと報じた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中