2019年 9月 21日 (土)

小説にうるさい「爆問」太田が絶賛 ピース又吉「お前は、絶対に賞を獲る」

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さん(34)が発表した初の純文学作品「火花」が好評だ。

    「爆笑問題」の太田光さん(49)も2015年1月27日深夜放送のラジオ番組の中で「お前は絶対に賞を獲る」と太鼓判を押した。

「又吉...『火花』面白かったぞ!」

又吉さんの「火花」が掲載された「文学界」2月号
又吉さんの「火花」が掲載された「文学界」2月号

   又吉さんの文芸誌デビュー作となった「火花」は、若手芸人「僕」を主人公に先輩芸人の輝きと挫折を描いた原稿用紙230枚の中編小説だ。掲載した文芸誌「文学界」2月号は1月7日の発売直後から各店で売り切れが相次ぎ、発売2日目には再増刷が決定。累計部数は同誌史上最高の4万部に達した。

   増刷分は1月20日ごろから店頭に並び始めたため、まだまだ話題作という印象だ。そうした中、27日深夜放送のラジオ番組「JUNK爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ系)では、太田さんが作品の魅力を力説した。

   太田さんは自身でも2010年に処女小説「マボロシの鳥」を発表し、2012年には第2作「文明の子」を上梓している。熱狂的ファンの多い村上春樹さん(66)の作品を「中身がゼロ」と酷評するなど、「文学」については一家言あるようだ。

   そんな太田さんはラジオで「又吉...『火花』面白かったぞ!」と始めた。

「上手いね、アイツは。さすが文学青年だけあってね」「上手いし、描写も良いし」「本当にこう言っちゃなんですが、普通の小説家の方々の作品より全然面白いですよ」

と褒めちぎり、

「お前は、絶対に賞を獲る」

とまで断言した。

   途中途中では「ところで、『文明の子』はどうだった?」「又吉......な?」などと自著の宣伝を求める「フリ」もみせたが、作品については純粋に評価しているようだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中