2018年 7月 21日 (土)

首都大の管理サーバーから迷惑メール 10万通が学外に

印刷

   首都大学東京(八王子市)は2015年2月2日、都市教養学部が管理するサーバーから学外へ約10万通の迷惑メールが送信されていたと発表した。

   同大によると、1月27日15時6分から16時37分の間に迷惑メールが送られていた。外部から不正にアクセスされた可能性も含め、専門業者に調査を依頼している。個人情報の悪用などの被害は確認されていないという。

   同大は1月19日に学生や教職員らの氏名や住所など個人情報が外部から閲覧できる状態だったと発表したばかりだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中