2019年 7月 24日 (水)

大塚製薬「オロナミンC」を韓国で製造発売

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   大塚製薬は2015年2月2日、炭酸栄養ドリンク「オロナミンCドリンク」を韓国で発売したと発表した。オロナミンCは、1985年からサウジアラビアなど中東6か国で販売されており、海外販売は韓国で7か国目になる。中東のオロナミンCは日本で作ったものを輸出していたが、韓国では現地のグループ企業「東亜大塚」が製造から販売まで一貫して展開する。

   国外で生産するのは韓国が初めてで、海外で栄養ドリンク需要が拡大していることに対応する。価格は120ミリリットル入り1000ウォン(約107円)で、日本と同水準。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中