2018年 12月 17日 (月)

2014年の実質賃金、2.5%減 過去2番目の下げ幅

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2014年の、働く人の手取りにあたる名目賃金に物価の変動を反映させた実質賃金は、前年比2.5%減となり、下げ幅はリーマン・ショックの影響を受けた2009年以来、過去2番目の大きさだったことがわかった。厚生労働省が2015年2月4日、毎月勤労統計調査(2014年、速報)を発表した。実質賃金は、3年連続で減少した。

   働く人の一人あたりの給与総額(月平均)は31万6694円で、前年より0.8%増えた。消費税の増税や円安などを受けて物価が大きく上昇。 賃上げなどで給与総額は4年ぶりに増加に転じたが、物価の伸びには追いつかなかった。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中