動画配信の黒船、米Netflixが日本上陸 低料金で、映画やテレビ番組見放題

印刷

   米動画配信大手のNetflix(ネットフリックス)が2015年秋、ついに日本に上陸する。

   同社は2015年1月末に掲げたグローバル戦略で、オーストラリアやニュージーランドなど、今後2年間でサービス提供国を200か国に増やす意向を明らかにしていた。日本進出もその一環で、2月4日に正式に発表。インターネットでは早くも話題になっている。

米国では、CATVを解約して同社に乗り換える動き

いよいよ、日本上陸!(画像は、「ネットフリックス」のホームページ)
いよいよ、日本上陸!(画像は、「ネットフリックス」のホームページ)

   ネットフリックスは、一定期間に定額でいくらでもデータを購入できるサブスクリプション方式で、映画やテレビ番組をインターネットでストリーミング配信するサービスを提供する。

   1997年の創業。当初はオンラインでのDVDレンタル業者としてスタートした。2007年にインターネットでのストリーミングサービスを開始。郵送の手間もなく、クリックするだけですぐに、また制限なく見たい映画が見られるのが売り。

   しかも、料金は月8.99ドル(約1100円)。回線を敷設したり衛星を打ち上げたりする必要がない分、安くなっている。

   米国では、CATVを解約して同社に乗り換える動きが社会現象になったほどの大人気。さらには海外進出に力を入れはじめ、現在は欧米などの約50か国・地域、5700万人の加入者を誇っている。

   「使いやすさ」にもこだわり、インターネット対応テレビやパソコンをはじめ、スマートフォンやタブレット端末などで、サービスを利用できるほか、視聴履歴などのデータから加入者の好みを分析して、一人ひとりにオススメの作品を紹介する「レコメンデーション」機能の評価も高いとされる。

   こうした、見たいときに見たい番組を見たい場所で視聴できるサービスが、いよいよ日本でも提供されるというわけだ。

   インターネットでは、

「日本上陸が待ち遠しい」
「映画好きにはたまらないですね」
「上陸、楽しみ~」
「面白いコンテンツが見られるのであれば、1000円は安いと思う」

といった、歓迎や期待の声が寄せられている。

   日本で提供されるサービスの詳細は今後、決まりしだい公表していく。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中