2019年 12月 12日 (木)

店内のソファに大きな穴、裂け目、落書き... マックは設備もサービスも酷く劣化している

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   マクドナルドの店舗に行ったら、ソファが破れたり落書きがされたりなど酷い有様だったと、著名なブロガーが報告して話題になっている。マクドナルド側は、異物混入騒ぎなどを受けて設備などの見直しをするというが、実態はどうなっているのか。

   期限切れ鶏肉問題が発覚してから続く客離れで、日本マクドナルドが11年ぶりの最終赤字に転落したことが2015年2月5日の決算発表で分かった。さらに、1月の売上高が前年同月に比べて4割ほどもダウンしたことが明かされて、ネット上でも驚きが広がった。

「店舗内の状況は思った以上に酷かった」

都心部の店舗では、ソファに傘の先で刺したような大きな穴が
都心部の店舗では、ソファに傘の先で刺したような大きな穴が

   マクドナルドの苦境については、様々な書き込みがされており、ブロガーとして知られるファイナンシャルプランナーの中嶋よしふみさんも6日、そのことをブログに書いた。

   「最近のマックは驚くほどガラガラ」。友人からこう言われて興味を持った中嶋さんは、埼玉県内の事務所に近い店舗に早速行ってみたと明かした。

   22時ごろと遅い時間だったこともあって、確かにガラガラだったという。しかし、中嶋さんが驚いたのは、「店舗内の状況は思った以上に酷かった」ことだった。

「まず、ソファーに落書きが多数あり、破れたまま放置されている。しかもその破れたソファーは布ガムテープで補強されている。目を疑うとはこの事か」

   さらに、トイレでも、自動センサーの洗面台で少ししか水が出ず、ほかの客から壊れていると教えてもらった。日を改め、もう一度状況確認を兼ねて出向くと、今度は、雑菌が付かないのかと疑問を持つことが起きた。若い店員がコーヒーをかき混ぜるマドラーを直接カウンターの上に置いたというのだ。

   こうした店舗内の状況について、中嶋さんは、設備の破損・汚れについてマニュアルはないのか、落書きを落とす洗剤は常備しているのか、ソファも1週間以内に張替えなどを行うルールはないのか、と疑問を投げかけた。そして、マクドナルドについて、「しばらく復活出来ないと思う」と厳しく指摘した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中