2019年 5月 25日 (土)

マック株はなぜ、暴落しないのか 異物混入で業績悪化、11年ぶりの赤字なのに

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   日本マクドナルドホールディングス(HD)の株価が下がらない。2014年7月に発覚した中国の食品会社が消費期限切れの鶏肉を使用していた問題で客離れが進み、急速に業績が悪化しているにもかかわらずだ。

   足元の株価水準は、2500円前後。鶏肉問題の発生前の2014年6月に付けた年初来高値の2965円から15%程度の下げに踏みとどまっている。

赤字決算で、「悪材料が出尽くした」

日本マクドナルド、11年ぶりの赤字でも株価は下がらない?
日本マクドナルド、11年ぶりの赤字でも株価は下がらない?

   日本マクドナルドHDの2014年12月期(通期)連結決算は、最終損益が218億円の赤字(前期は51億円の黒字)となった。赤字転落は2003年以来、11年ぶりのこと。売上高は前期比14.6%減の2223億円で、6年連続の減収。営業利益は67億円の赤字と、売上高、利益ともに大きく落ち込んだ。

   業績不振の大きな原因は、期限切れ鶏肉の使用や商品への異物混入問題だ。鶏肉問題などに伴う原材料の廃棄費用や、信用の低下による売上高の減少などの影響は小さくない。問題が発覚した14年7月以降、売上高は2ケタ台の下落率が続いている。

   そこに米国西海岸での港湾ストライキ。14年12月中旬からはマックフライポテトが限定販売を強いられ、年明けにはマックチキンナゲットなどへの異物混入が相次いで明らかになって、客離れが一段と深刻化した。

   15年1月の既存店売上高は前年同月に比べて38.6%減と大きく落ち込み、それにより15年12月期の業績予想は見通しがつかず、「非開示」とした。こうしたことから、業績の先行きに対する懸念はますます広がっている、とみられた。

   ところが、「マック株」の動きは鈍い。さすがに決算発表の翌日の2015年2月6日は、終値で前日比23円安の2580と下げたが、その後もマック株は1月13日に付けた年初来安値の2451円を下回ることがない。

   ある市場関係者は、「2500円を大きく割り込む場面があると心配でしたが、今のところは落ち着いているようです」と話す。

   日本マクドナルドについては、むしろ「悪材料が出尽くした」とみている証券会社は少なくないようで、2015年は「回復に向かう可能性が高い」という。

   2月13日の終値は2552円と、前日比で9円上がった。しばらくは2500円前後で推移しそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中