2018年 11月 19日 (月)

「シーナ&ロケッツ」シーナさん死去 61歳

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   ロックバンド「シーナ&ロケッツ」のボーカル、シーナ(本名・鮎川悦子)さんが2015年2月14日、子宮頸がんのため都内の病院で亡くなった。61歳だった。

   シーナ&ロケッツ公式フェイスブックによると、14年7月に体調を崩し、病院で検査したところ末期がんであることを告げられた。だが、シーナさんは病気をファンに公表することなく、闘病生活を送りながらライブ活動をこれまで通り行うことを希望したという。同月には18枚目のオリジナルアルバム「ROKKET RIDE」をリリースした。

   シーナさんの夫で、同バンドのギタリストである鮎川誠さん(66)は、

「シーナはロックが大好きなファンに愛されて、とても幸せでした。シーナは『ROKKET RIDE』を聴きながら、息を引き取ってしまったけど、最高のレコードを作ったことと最高の歌を歌ってくれてありがとう、とシーナへ叫んだ。 『ROKKET RIDE』はシーナと俺の歌。2人の愛は永遠だぜ」

とのコメントを出している。

   「シーナ&ロケッツ」は1978年に結成、「涙のハイウェイ」でデビューした。翌79年に発表した「ユー・メイ・ドリーム」がJALのCMに起用されるなどしてヒット。以来、日本のロックシーンをリードしてきた。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中