2018年 9月 21日 (金)

15歳少年に除染作業させた疑い 名古屋の建設会社専務を逮捕

印刷

   原発事故に伴う除染作業を15歳の少年にさせたとして、名古屋市の土木建設会社の専務の男(49)が、愛知県警に労基法違反(危険有害業務の就業制限)の疑いで2015年2月18日に逮捕されたことが分かった。

   報道によると、男は14年7月、福島市内の商業施設で、名古屋市在住の少年が18歳未満であることを知りながら、汚染された草や土を取り除く作業をさせた疑い。会社を経営しているのは元暴力団員といい、県警では、ほかにも未成年者に除染をさせていた疑いがあるとみて調べている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中