2018年 10月 16日 (火)

看板落下、7万5000棟を緊急調査 国交省が指示

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   札幌市のビルの外壁から看板の一部が落下した事故を受けて、国土交通省は2015年2月17日、外壁に看板を取り付けている国内約7万5000棟の安全性を緊急調査するよう、全国の都道府県などに指示した。

   調査対象は完成後約10年以上で、市街地の中心部にある3階建て以上の建物。看板を支える金具の腐食状況など落下の危険性を調べ、必要に応じて是正措置をとる。都道府県などは4月10日までに調査結果を報告する。

   事故は2月15日午後、札幌市中央区の「札幌かに本家」駅前本店で発生。看板の一部(重さ約25キロ)が当たった看護助手の女性(21)が頭の骨を折るなどし、意識不明の重体となっている。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...