2019年 1月 17日 (木)

日本郵政が買収提案、豪トール受け入れへ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   オーストラリアの物流大手、トール・ホールディングス(HD)は、日本郵政グループによる買収提案を受け入れる方針を2015年2月18日に発表した。日本経済新聞などが報じた。買収金額は64億8600万豪ドル(約6000億円)。買収額は1株あたり9.04豪ドル(約830円)で、17日のトール株の終値を49%上回る。トールの取締役会は「全会一致で買収提案受け入れを株主に推奨する」としており、5月の株主総会で承認される見通し。

   トールHDはアジア太平洋など50カ国で事業を展開する。時価総額は約44億豪ドル。オーストラリア国内鉱業部門の伸び鈍化に対応するため、リストラや経費削減を行ってきた。

   一方、日本郵政グループも、傘下の日本郵便が国内の郵便物数の減少傾向に歯止めがかからないほか人件費の高騰で経営が厳しくなっている。アジアやオセアニアといった海外の成長市場に活路を求める狙いがあるとみられる。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中