2018年 9月 22日 (土)

フラッシュ撮影した客にメトロ運転士ブチ切れ 「すいませんじゃねーよ!」は暴言なのか

印刷

   ユーチューブで公開された地下鉄の動画が、波紋を広げている。

   電車やバスの運転席に向けてフラッシュ撮影をするのは厳禁だとされているのはよく知られており、運転士がフラッシュ撮影を注意する内容なのだが、「すみません」と謝った乗客に対して運転士は「すみませんじゃねーよ!」と怒鳴ってしまった。

フラッシュ撮影は、「目潰し」状態になるため非常に危険

トラブルは東京メトロ永田町駅の半蔵門線ホームで起きた(写真は同型の東急5000系)
トラブルは東京メトロ永田町駅の半蔵門線ホームで起きた(写真は同型の東急5000系)

   動画は2015年2月1日に公開され、長さは34秒。東京メトロ永田町駅の半蔵門線ホームで撮影された。動画では、出発しようとする電車の運転席のドアについている窓が開き、マスク姿の運転士が顔を出して

「お客さーん、フラッシュやめてもらえますか?」

と注意した。直後に、「すみません」と謝る子どもの声が聞こえるのだが、運転士は

「すいませんじゃねーよ!」

と吐き捨て、窓をガチャンと強く閉めて電車を出発させた。

   運転席に向かってフラッシュ撮影をすると、運転士は強い光で視界を遮られ、言わば「目潰し」に状態になるため非常に危険だ。そのため、運転席へのフラッシュ撮影は一般的に厳禁だとされている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック