2018年 9月 20日 (木)

JAXA「小型衛星と交信するモニター募集」に大注目 人気の秘密は「宇宙へのロマン」?それとも「日給3万円」?

印刷

   小惑星探査機「はやぶさ2」の打ち上げなどで知られる宇宙航空研究開発機構(JAXA)で働こう、という求人が出て注目を集めている。

   日給3万円で軽食付き、全国どこからでも支給される交通費などかなりの高待遇だが、何よりも小型衛星と交信を行うなどの体験モニターとしてJAXAの研究に参加するという仕事内容に興味を持つ人は多いようで、ツイッターなどで話題になっている。

「むしろ3万取られるのかと思った。それでもやりたい」

JAXAでバイトできるチャンスと大盛り上がり
JAXAでバイトできるチャンスと大盛り上がり

   アルバイト求人情報「タウンワーク」(ウェブ版)に掲載されている募集内容によると、仕事内容は「人工衛星の管制技術に関するJAXAの研究に、体験モニターとして参加頂きます」とあり、小型衛星「SDS-4」と交信を行ってレポートにまとめる、というものだ。

   一見かなり高度な知識や技術が必要に思えるが、職員からの講義があり、「誰にでも分かりやすい衛星技術を目指す研究のため、特別な知識がなくてもご参加頂けます」と門戸は広い。

   ネットでは「やりたい!」「これは夢があるなぁ~」「お金要らないからやらせて!」とすぐに反響を広げた。学生やフリーターだけでなく、「有休取ってでも参加したい」「会社休んででも応募したいぞ」と幅広い層の関心を集めている。

   その待遇も注目されている。勤務時間は10~17時ながら日給はなんと3万円。さらに交通費は全国どこからでも支給されると書かれている。JAXAが独立行政法人であることからか、あまりの厚遇に「公金の無駄」と指摘する声もあった。が、多くの反応は、

「日給3万!?やりたいなー」
「むしろ3万取られるのかと思った。それでもやりたい」

などと大盛り上がりしている。

すでに応募は殺到?

   JAXAがこうしたユニークなアルバイト募集を行ったのは初めてではない。宇宙ステーションを模した閉鎖環境や無重力空間の中での訓練を体験、レポートするモニターが過去には募集されている。すでに締め切られているが、今回と同じめずらしい体験ができ、日給3万円の高待遇で人気を集めたようだ。

   現在募集中の小型衛星との交信モニターは3月30日から4月3日までの5日間、各日2、3人採用という狭き門だ。JAXAは「募集、採用などはプロモーション企業に委託している」とし、応募状況は分からないが、ツイッターを見ると「光速で応募した!!」「応募してしまった。もし、抽選に当たれば会社を休んででも行く!」など、すでに応募したという人は多数いるようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中