2018年 11月 15日 (木)

「じぇじぇじぇ」、「海女さん3人」の仲間内の言葉だった クドカンが明かす

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   脚本家の宮藤官九郎さん(44)が、2013年にヒットしたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の秘話を明かした。宮藤さんは15年2月25日、トーク番組「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に出演し、13年の流行語大賞を受賞した「じぇじぇじぇ」について話している。

   番組冒頭、TOKIOの国分太一さんが、岩手県民から「『じぇじぇじぇ』なんて、そんなに言わないよ」との声が出ていると紹介。それに対し、宮藤さんはドラマの舞台(久慈市小袖地区)の海女たちが、仲間内だけで使っていたフレーズだと説明した。当時、小袖地区の現役海女は3人だけで、「その3人が使ってた言葉」という。なお宮藤さんは番組中盤、岩手内陸部だと「じゃじゃじゃ」の方が一般的だとも説明した。

   ツイッターでは「こういう言葉を拾うところもさすがだな」といったものから、「じぇじぇじぇは盛岡ならじゃじゃじゃ、気仙ならばばば」などと補足するつぶやきも出ている。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中