2021年 4月 15日 (木)

18歳少年宅に赤いスプレーの落書き 眺めたり、写真を撮ったりする人も

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   大通りから1本入った住宅街には、今も物々しい雰囲気が漂う。そこには、川崎市の中学1年、上村遼太さんの命を奪った容疑がかかる18歳少年が暮らしていた自宅がある。

   警察関係者や報道陣の姿は少なくなったが、数日前、少年宅の塀に何者かによる赤いスプレーの落書きが発見された。容疑者逮捕後も収まらない、心無い行動に近隣住民は不安を募らせている。

「エスカレートして、今度は放火でもあったらどうしよう」

殺害現場付近には情報提供求める立札
殺害現場付近には情報提供求める立札

   少年宅のブロック塀には大きく赤いスプレーで「フィリピンにかえりたい」と書かれている。何者による犯行か分かっていないが、容疑者の母親の出身をやゆしているようにも思える。家族が消そうとしたのか、雨によるものなのか、文字は少しかすれている。

   2015年3月5日、J-CASTニュースの取材に父親がインターホン越しに応じ、「落書きがあったのは3日ぐらい前です」と話し、警察に通報したことを明かした。慎重に言葉を選ぶような受け答えが印象的で、「これ以上はコメントを控えさせてください」と上村さんの事件については話さなかった。

   直後には2階の窓から母親が顔を出し、「名刺だけ入れておいてください」と郵便受けを指差した。記者が「お騒がせしました」と声をかけると、黙ってうなずき窓を閉めた。

   付近は国道が走っているものの、一本路地に入ると静かな住宅街だ。昼間は近所の人の姿が見えるが、夜になると人通りは少ない。近隣住民は「夜になって若者がたむろするような場所ではない」といい、警察関係者も「特段、治安が悪い場所でもない」と話す。

   逮捕後も続く騒動に一部住民には不安が広がる。翌日には町内会が開かれ、「エスカレートして、今度は放火でもあったらどうしよう」とおびえる人もいたという。

   付近を歩いていた人は「騒ぎがあったから気になって寄ってみた」と話す。場所はネットで知ったとし、すでに容疑者宅の住所は知れ渡ってしまっているようだ。めずらしげに落書きを眺めたり、写真を撮ったりする人もいた。夜には少年宅の前を徐行する車も複数あった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中