「IGZO」商標訴訟で敗訴のシャープ、上告断念を発表

印刷

   シャープは2015年3月11日、液晶「IGZO」の商標登録を無効とし、シャープの独占使用を認めないとした地財高裁判決について、「上告しても当社の主張が認められることが難しい」として最高裁への上告を断念したと発表した。

   これにともなってアルファベットの「IGZO」はシャープ以外も利用できるようになるが、「イグゾー」「イグゾーパネル」といった単語は引き続きシャープが商標として登録している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中