2019年 5月 22日 (水)

スイスフラン・ショックもなんのその 株価上昇もあってFX投資も活発化

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   2015年1月に起った「スイスフラン・ショック」が尾を引いて、低調に推移すると思われていた外国為替証拠金(FX)取引が、このところ活発化している。

   株価が高騰して投資家の心理も改善、リスクをとって積極的に投資する人が増えてきたとみられている。

1月の出来高、最高値更新の661兆円

株価の上昇で、FX投資も活発に!
株価の上昇で、FX投資も活発に!

   スイス国立銀行が為替介入の上限を撤廃したことに伴い暴騰した「スイスフラン・ショック」。日本ではインターネット証券大手のマネックス証券が、傘下の米国とオーストラリアのFX会社2社とマネックス証券のFX投資家が被った損失のうち約1億6000万円を肩代わりしたほか、GMOクリックホールディングスも子会社2社で約1億円分を肩代わりしたことが明らかになった。

   最終的に、投資家から資金を回収できなければ、FX業者の損失となるが、両社とも財務状況に与える影響はきわめて少ないとしている。

   マネックス証券が「未回収金のうち、日本国内の顧客分は百数十万円」というように、「欧州では経営が破たんしたFX業者がありましたが、国内ではスイスフランの取引そのものが少ないこともあって、ほとんど影響はありませんでした」(外為どっとコム総合研究所の神田卓也・上席研究員)という。

   とはいえ、スイスフラン・ショックでFXの中にはハイリスクな取引があることが改めて認識された。その半面、日本のFX業者には厳しい自己資本比率規制があって信用力が高く、経営破たんのリスクが抑えられていることもわかった形だ。

   そうしたなか、FXへの投資は活発だ。金融先物取引業協会によると、店頭FX業者の2015年1月の月間出来高は661兆円で、2か月連続で600兆円を上回り、最高値を更新した。

   「1月はスイスフラン・ショックに見舞われましたが、円安傾向による米ドル円の増加に加えて、スイスフラン・ショックの影響で欧州通貨に動きが出たため、欧州通貨の取引が活発になりました」(調査部)と説明。出来高は14年12月と比べて3.2%増えた。14年の月間平均出来高が335兆円だから、ほぼ倍増していることになる。

   FX自動売買最大手のインヴァスト証券も、「株価の上昇に連動して、為替に入ってきている投資家が少なくないようです」と話す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中