2018年 8月 15日 (水)

理研、小保方氏の刑事告訴見送りの方針 新聞各紙が報じる

印刷

   STAP細胞論文問題で、理化学研究所が元研究員の小保方晴子氏(31)について刑事告訴を見送る方向だと、新聞各紙が2015年3月16日に報じた。数日中にも開かれる外部有識者らによる委員会でも容認される見込みという。

   報道によると、小保方氏にはES細胞を盗んだ可能性も指摘されていたが、理研では、その証拠を得られず、器具の誤操作で細胞が混入した可能性も排除できなかった。小保方氏をめぐっては、理研が論文の捏造など不正4件を認定。理研はすでに退職した小保方氏に対して「懲戒解雇相当」の処分を発表していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中