2019年 12月 16日 (月)

天才的頭脳の右京がどうして見抜けなかった? 「相棒」ぶち壊し最終回にネット上に怒りの声が溢れる

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   テレビ朝日系ドラマ「相棒」のシーズン13が2015年3月18日に最終回を迎えたが、その内容が3年続いた今回のシリーズをぶち壊すものだったとして批判が溢れている。水谷豊さん演じる杉下右京警部の3代目の相棒、成宮寛貴さん演じる甲斐享巡査部長が実は有名な暴行犯だったことがわかり逮捕される、という結末だったからだ。

   つまり、熱血で正義感溢れる巡査が実は犯罪者ということを、天才的頭脳を持つ警部がそれを3年間も見抜けなかったのは物語として破綻している、ということらしい。ドラマが終了してすぐに「報道ステーション」が始まり、キャスターの古舘伊知郎さんが「相棒」の終了に関するコメントで噛んでしまい、「古舘も動揺しているw」などと笑いも起きた。

  • 「4代目」に気持ち良くバトンタッチできてない?(写真は「4代目候補」として名前の挙がる仲間由紀恵さん 2012年2月撮影)
    「4代目」に気持ち良くバトンタッチできてない?(写真は「4代目候補」として名前の挙がる仲間由紀恵さん 2012年2月撮影)

「相棒、見覚え、え?とっても見ごたえが・・・」

「相棒、見覚え、え?とっても見ごたえがあったのではないでしょうか?」

   「報道ステーション」のオープニングコメントで古舘さんがなぜか噛んでしまった。「報道ステーション」の直前に放送していたのが「相棒」シーズン13の最終回で、続けて見ていた人たちの笑いを誘ったようだ。ツイッターなどには、

「相棒の展開があんなのだったので思わず噛んでしまう古舘さん」
「古舘さんまでもあんなに動揺させるなんて...」
「後味悪い終わり方だった。そして直後の報道ステーションの出だしで噛む古舘伊知郎(笑)」

などといったコメントが出た。

   噛んだ原因が「相棒」の内容にあるのかは分からないが、最終回の展開がこれまでの3年間をぶち壊すのものだとしてネット上に怒りの声が溢れたのは確かだ。

   水谷さん(右京警部)の相棒の成宮さん(甲斐巡査部長)は2012年10月の「相棒シーズン11」から登場し、スカウトという形で特命係に配属されタッグを組んで数々の難事件を解決してきた。右京からは「カイト君」とあだ名で呼ばれ、熱血で正義感溢れる甲斐も右京の天才的閃きと行動力に心酔し、警察官として人間として成長していく、といった展開だった。ところが、最終回の2時間スペシャルの結末は、甲斐の逮捕と、甲斐の上司である右京の「無期限停職処分」という思いもかけぬものだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中