2018年 10月 22日 (月)

2月の百貨店売上高、前年比1.1%増 消費増税後初のプラス

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2015年2月の全国百貨店売上高(店舗数調整後)は、前年比1.1%増の4457億円と11か月ぶりにプラスに転じた。日本百貨店協会が3月19日に発表した。プラスに転じるのは14年4月の消費税率の引き上げ後初めて。

   中国の春節(旧正月)にあわせて旅行客が増え、外国人旅行者向けの販売が前年の3倍以上に伸びたことや、気温の高い日が多く、春物の婦人服など主力の衣料品の売れ行きが好調に推移したことが要因。株高が消費マインドを後押ししたこともある。

   訪日外国人の売り上げは統計開始以来、単月としては初めて150億円台を超えた。また、バレンタイン商戦も好調だった。

   東京地区は前年比5.3%増で4か月連続のプラスだった。調査対象の百貨店は83社240か店。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...