2018年 7月 23日 (月)

シャープ再建、台湾・鴻海が再び出資提案へ

印刷

   電子機器の受託製造サービス(EMS)の世界最大手、台湾の鴻海精密工業が、経営再建中のシャープに対して出資を含む経営支援策を提案する。日本経済新聞や共同通信が2015年3月23日付で鴻海の広報担当者の話として報じた。スマートフォン用液晶パネル生産での協業などを視野に入れているもようだ。シャープが応じるかどうかは不明。

   鴻海グループは2012年3月に、シャープに約670億円を出資する契約を結んだが、その後シャープの株価が下落したことなどがあり、条件が折り合わず実現していない。

   一方、報道を材料に、23日のシャープ株は上昇。一時、前日(20日)比10円高の248円まで買われた。その後、246~248円で推移している。株価は3月に入って、業績悪化を背景に売られる展開になっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中