住友商事、16年ぶり赤字転落 資源開発などで減損損失850億円を追加

印刷

   住友商事は、2015年3月期の連結最終損益(国際会計基準)の見通しを下方修正し、これまでの黒字予想から一転して850億円の赤字に転落する。2015年3月25日に発表した。通期の最終赤字は、アジア通貨危機などで業績が悪化した1999年3月期以来、16年ぶり。

   同社は2014年9月に米シェールオイル開発の失敗などで約2400億円(税効果調整後)の巨額減損を計上すると発表したが、通期の最終損益は100億円の黒字を見込んでいた。しかし原油や鉄鉱石など資源価格が想定を上回る落ち込みで、ブラジル鉄鉱石事業や北米シェール事業などで約850億円の追加の減損が発生。通期の損失額があわせて3250億円に膨らんだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中