厚生労働省 ブラック企業対策チームを設置

印刷

   厚生労働省は2015年4月1日、いわゆるブラック企業などを専門に取り締まる特別チーム「過重労働撲滅特別対策班」を東京、大阪に設けた。

   同省によると、過労死などで労災と認定される人は年間200人前後にのぼる。対策班は、違法な長時間労働による健康被害を防止するため労働時間の問題を集中的に調査し、悪質なケースは刑事事件として処理するなどの取り締まりをおこなう。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中