駐韓米大使襲撃犯、殺人未遂罪などで起訴

印刷

   マーク・リッパート駐韓米国大使が男に刃物で切りつけられた事件をめぐり、ソウル中央地検は2015年4月1日、金基宗(キム・ギジョン)容疑者(54)を殺人未遂、外交使節暴行などの罪で起訴した。検察側は、金容疑者が顔と首を狙って切り付けたことから殺意は明白だと主張。一方で、金容疑者は殺意を否認している。

   金容疑者は北朝鮮で出版された書籍なども所持しており、国家保安法違反の容疑でも調べを進める。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中