2018年 10月 16日 (火)

谷崎潤一郎の初創作ノート発見 「春琴抄」「細雪」などの構想記す

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ノーベル文学賞候補にもなった谷崎潤一郎(1886~1965)が初めて書いたとされる創作ノート「松の木影」が、中央公論新社で、写真(印画紙255枚)の形で発見された。代表作「春琴抄(しゅんきんしょう)」「細雪(ささめゆき)」の構想などが記され、研究者は「超一級の資料」としている。

   ノートは、内容から1933年2月~38年半ばのものと推測される。<春琴九才ノトキ失明ス>などと「春琴抄」の設定が箇条書きされるなど、実作品につながるエピソードや話の粗筋が見て取れる。戦時中、空襲によるノートの焼失を心配した谷崎が撮影し、親友の笹沼源之助に預けたものだという。

   中央公論新社が2016年9月に刊行する予定の「谷崎潤一郎全集」第25巻に、全文が収録される。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...