2018年 8月 15日 (水)

谷崎潤一郎の初創作ノート発見 「春琴抄」「細雪」などの構想記す

印刷

   ノーベル文学賞候補にもなった谷崎潤一郎(1886~1965)が初めて書いたとされる創作ノート「松の木影」が、中央公論新社で、写真(印画紙255枚)の形で発見された。代表作「春琴抄(しゅんきんしょう)」「細雪(ささめゆき)」の構想などが記され、研究者は「超一級の資料」としている。

   ノートは、内容から1933年2月~38年半ばのものと推測される。<春琴九才ノトキ失明ス>などと「春琴抄」の設定が箇条書きされるなど、実作品につながるエピソードや話の粗筋が見て取れる。戦時中、空襲によるノートの焼失を心配した谷崎が撮影し、親友の笹沼源之助に預けたものだという。

   中央公論新社が2016年9月に刊行する予定の「谷崎潤一郎全集」第25巻に、全文が収録される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中