2018年 7月 20日 (金)

ひき逃げ車両も一発で特定? 警視庁が新システム導入

印刷

   ひき逃げなどの事件に役立てようと、警視庁は2015年4月2日、犯行に使われた車を特定する新システムを導入した。報道によると、全国の警察で初めて。

   このシステムには、自動車約2000台の特徴やタイヤの溝の形状などがデータベース化されており、事件が起きたとき、タイヤ痕や防犯カメラの映像などを入力するだけで車種などが特定できるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中