2018年 7月 20日 (金)

カナダの海岸でセシウム検出、福島から放出か

印刷

   米ウッズホール海洋生物学研究所は2015年4月6日、東京電力福島第1原子力発電所の事故で海に放出されたとみられる放射性物質のセシウム134がカナダの西海岸で検出されたと発表した。国際的な安全基準を大きく下回っており、人の健康に影響を及ぼすおそれはないとされる。

   これまでカナダやアメリカ沖合の海水から検出されたことはあるが、海岸で検出されたのは初めて。

   同研究所は、「検出されたセシウム134は極めて微量だが、今後、沿岸のほかの地域でも検出されるとみられ、引き続き注意深く状況を見ていく必要がある」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中