2018年 11月 19日 (月)

「出演者」に撮影まで1度も会っていなかった ヤラセ疑惑NHKのずさんな取材方法

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ヤラセ疑惑が持ち上がっている報道番組「クローズアップ現代」について、NHKの調査委員会は2015年4月9日、中間報告を発表した。一部放送内容については「裏付けが不十分であった」と認めたが、「ヤラセ指示」については「主張は大きく食い違っている」とするにとどめた。

   報告書の中で明らかになったのは、記者が撮影まで出演者に1度も会っていなかったことなど、番組制作での取材のずさんさだ。

  • 「クロ現」のヤラセ疑惑に揺れるNHK
    「クロ現」のヤラセ疑惑に揺れるNHK

ブローカーであるか裏付けせず

   疑惑がもたれているのは、2014年4月に関西ローカル「かんさい熱視線」、同年5月に「クローズアップ現代」で放送された「追跡"出家詐欺"~狙われる宗教法人~」だ。ブローカーとされた男性A氏が記者から収録時に演技をするよう求められた、などと告白し、訂正を求めている。

   中間報告では、撮影場所となったビルの1室をブローカーの「活動拠点」としていたことについて、「誤りであり、裏付けが不十分であった」と認めた。その一方、A氏が「ブローカー役をやらされた」と話していることについては、「記者は『演技の依頼はしていない』と一貫して否定している」として、両者に食い違いがあるとするにとどめた。

   また今回の報告で、記者のずさんな取材が浮き彫りになった。記者は撮影当日までA氏と一度も会っていなかったというのだ。直接連絡も取っておらず、撮影を打診するまでのやり取りは、記者にA氏を紹介したB氏を通じて行っていたという。

   争点となっている、A氏がブローカーであるか否かについても裏付けは不十分だ。中間報告は「記者は、A氏が『出家詐欺』の手口を詳細に語り、自らを『われわれブローカー』と称したことなどから、ブローカーに間違いないと思った」とし、A氏の発言だけで判断したと読み取れる。しかしA氏は話した内容は知人から聞いたものだとして、ブローカーではないと否定している。

元NHK記者「私の経験ではまったく考えられない」

   一連の取材、番組制作過程について元NHK記者の手嶋龍一さんは4月9日、出演した「ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、

「裏を取らずに放送するのは、私の経験ではまったく考えられない」

と批判した。撮影までに一度も会っていなかったことについては、「(事前に面会することは)世界のどこでも行われていること」と指摘。「十分な取材だったかと問われると、十分ではなかったと言わざるをえない」と語気を強めた。

   また読売テレビ報道局解説副委員長の春川正明さんは「業界全体として、取材に気を配っているのに、まだこんな取材をしているのか」とあきれていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中