花粉症対策にミカンの皮とヨーグルト 学会で研究発表、新メニューも誕生

印刷

   愛媛大学農学部の菅原卓也教授が、ミカンの皮とヨーグルトを同時に摂取すると花粉症の症状を和らげるとの研究成果を、学会で発表した。

   いまや国民病ともいえる花粉症、身近な食品で少しでもつらい症状が防げるようになれば、患者にとっては朗報だ。

  • ミカンが花粉症対策の切り札となる日がくるか
    ミカンが花粉症対策の切り札となる日がくるか

「ノビレチン」に花粉症の症状を緩和する効果と説明

   菅原教授は2015年3月26~29日、岡山県で開催された「日本農芸化学会」で、「温州ミカン果皮配合ヨーグルトのアレルギー症状緩和効果の検討」との演題で発表した。注目なのは、花粉症を抑える可能性についての内容だ。

   愛媛大学ウェブサイトの最先端研究紹介のページで、菅原教授の研究が紹介されている。地元を代表する農産物、柑橘類の果皮に注目して、免疫促進効果やアレルギー症状緩和効果、メタボリックシンドローム予防効果などを研究してきたという。そして、「温州ミカン果皮に多く含まれるフラボノイドの一種であるノビレチンには花粉症の症状を緩和する効果があるとともに,牛乳の成分であるβラクトグロブリンと一緒に摂取することによって,その効果が高まること」を明らかにした。

   学会でもこの成果を発表。2015年3月30日付の読売新聞電子版によると、スギ花粉症患者26人に、牛乳成分を含む飲むタイムのヨーグルト150ミリリットルにすり潰したミカンの皮を混ぜたものを1日1回飲ませた。2週間後に花粉症の原因物質を両目に点眼し、30分後の症状を見たところ、飲み始める前と比較してかゆみなどの自覚症状が大きく低下。結膜炎の指標になる眼球表面の温度上昇も、約半分に抑えられたという。

   菅原教授によると、「柑橘の機能性成分は果肉よりも果皮に多く含まれている」。ただ皮をそのまま食べるのは、味の面で厳しいかもしれない。そこで最近では、ミカンの皮を使ったジュースが開発されている。3月31日放送のフジテレビのニュースでは、東京・渋谷区のカフェで「花粉症対策スイーツ」があるとして、ミカンを皮ごと1個使ったヨーグルトジュースが紹介された。ほかにもミカンの皮を含めたゼリーなど、メニューを工夫しているようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中