米・キューバ首脳が59年ぶり会談

印刷

   オバマ米大統領とキューバのラウル・カストロ国家評議会議長は2015年4月11日(日本時間12日)、パナマ市で開かれている米州首脳会議の会場内で約1時間会談した。1961年に国交断絶した両国首脳が会談するのは、59年ぶり。

   オバマ大統領は会談冒頭、「歴史的な会談だ」と語りかけ、カストロ議長は「今日は異なる意見でも将来は同意できるかもしれない」と応じた。キューバが求めているテロ支援国家指定の解除について話し合いが行われたとみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中