2019年 1月 17日 (木)

「早口すぎる」熊本県議、松野明美 黒柳徹子も聞き役に回す「トーク力」がすごい

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   元マラソンランナーでタレントの松野明美さん(46)=無所属=が2015年4月12日に行われた熊本県議選の熊本市第1選挙区(定数12)で初当選を果たした。

   松野さんと聞いて誰もが頭に浮かべるのは、あの「マシンガントーク」だろう。持ち前のトーク力を生かした政治活動への期待がネット上で高まっている。

  • 「7時間でも喋り続けられる」という(画像は松野明美さんの公式サイトより)
    「7時間でも喋り続けられる」という(画像は松野明美さんの公式サイトより)

小学生の頃のあだ名は「スピーカー」

   松野さんは1988年のソウル五輪に陸上女子1万メートルの代表として出場、現役引退後はスポーツ解説者やタレントとして活動した。

   2010年、故郷である熊本県鹿本郡植木町の熊本市編入に伴う熊本市議選に立候補して当選し、政治家の道を歩み始める。それから県議選へ立候補を表明する15年4月2日までおよそ5年に渡り、市議を務めた。

   市議の仕事以外にも、朗らかなキャラクターを武器に数多くのテレビ番組へ出演。「芸人殺し」も言われる驚異のトーク力で話題をさらってきた。立て板に水を流すがごとく早口でまくしたて、大きなリアクションで受け答えする。本人は様々なバラエティー番組で「7時間でも喋り続けられる」などと豪語しているが、まんざらウソでもなさそうだ。

   「芸人殺し」のトーク力はどうやら小学生の頃から身についていたらしい。講演会では「(小学生の頃の)あだ名が『スピーカー』だった」というエピソードを語っている。

   10年2月3日付け夕刊フジ電子版のインタビュー記事では

「『松野は空気を読まずにほとんどの笑いを持っていく』と芸能界の大御所と呼ばれた方に怒られたこともあります。それでも、出るからには目立ちたかった。プロのお笑い芸人にも勝たなければならない。すべてが勝負につながっている」

とトークへの並々ならぬ意気込みを語っている。

   10年2月15日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)ではこちらも芸能界きっての喋り好き、黒柳徹子さん(81)と対談。トークの主導権を握り、黒柳さんをも聞き役に回すほどの勢いを見せた。

   そんな松野さんの話し方はしばしば「何を言っているのかよく分からない」と辛らつな評価を受ける。だが、あの話し方もひっくるめ、もはやキャラクターとして確立されたと言って良い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中