福井地裁、高浜原発再稼働差し止めを仮処分決定 規制基準「緩やかにすぎる」

印刷

   福井地裁は2015年4月14日、関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の安全対策が不十分だとして周辺住民が再稼働の差し止め申し立てていた仮処分で、再稼働を認めない決定をした。樋口英明裁判長は、原子力規制委員会の規制基準について「緩やかにすぎて合理性を欠く」と批判。基準に適合していても再稼働は認められないとした。原発運転禁止の仮処分は全国初で、訴訟の判決とは異なり決定はただちに効力を持つ。関電は決定を不服として、福井地裁に異議や執行停止を申し立てる方針。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中