米国が対キューバのテロ支援国家指定解除へ

印刷

   オバマ米大統領は2015年4月14日、キューバのテロ支援国家指定を解除することを決め、米議会に通告した。解除に反対する上下両院合同決議がなければ、通告から45日後に正式に解除される。

   オバマ大統領はキューバが過去6カ月の間に国際テロを一切支援していないことを挙げ、将来も支援しないことを約束していると保証した文書を議会に提出し、指定解除の決断を示した。発効すれば1982年の指定以来33年ぶりの解除となり、両国の国交正常化交渉の加速に向け大きな弾みになりそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中