2018年 8月 20日 (月)

武田薬品、京大とiPS細胞研究で提携

印刷

   武田薬品工業は、心不全や糖尿病、神経疾患などにおけるiPS細胞技術の臨床応用に向けた共同研究の契約を、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)と結んだ。2015年4月17日に発表した。「T‐CiRA(Takeda‐CiRA Joint Program for iPS Cell Applications)」と称するこの提携のもと、iPS細胞技術を用いた創薬研究や細胞治療に関する研究プロジェクトが実施されることになる。

   武田製薬は京都大学iPS細胞研究所との連携で、研究開発の効率が上がることを期待する。iPS細胞の発見者で、ノーベル賞受賞者である山中伸弥CiRA所長が研究全体を指揮。武田薬品は10年間で200億円の研究費用の提供と研究の運営に対する助言を行い、神奈川県藤沢市の湘南研究所内の研究設備を提供する。

   研究人員は全体で100人程度を予定しており、CiRAと武田薬品から50人程度が参加するという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中