ケイティ・ペリー、来日中の「クジラ肉」写真が物議 外国人ファン激怒「失望した」「恥ずべき投稿!」

印刷

   「プリンセス・オブ・ポップ」とも称される米国シンガー・ソングライター、ケイティ・ペリーさん(30)が2015年4月25日、26日の2日間にわたり約4年ぶりとなる来日単独公演を行った。ファンを公言していたきゃりーぱみゅぱみゅさん(22)やベッキーさん(31)も駆けつけたようで、興奮冷めやらぬままツイッターに感想を綴っている。

   だが、日本のファンが熱狂していた最中、インターネット上ではケイティさんがインスタグラムに投稿した「クジラ肉」の画像を巡り、外国人ファンがヒートアップしていた。

  • 4月24日、東京・原宿を歩くケイティ・ペリーさん(写真:REX FEATURES/アフロ)
    4月24日、東京・原宿を歩くケイティ・ペリーさん(写真:REX FEATURES/アフロ)
  • インスタグラムにアップされた「クジラ肉」画像のスクリーンショット(キャプション変更前)
    インスタグラムにアップされた「クジラ肉」画像のスクリーンショット(キャプション変更前)

慌ててキャプション変更

   来日公演期間中、ケイティさんはいくつかの画像をインスタグラムに投稿した。そのうちの一つが25日の「くじら肉」の画像だった。

   本物の肉を写したのではなく飲食店のメニュー写真を撮影したもので、下には「くじらのたたき(Raw pounded whale)590円」と書かれている。ケイティさんはこれに「Like a raw pounded whale!(クジラのたたき、好き!)」とのキャプションを付けた。

   ところが、これが思わぬ騒動に発展してしまった。世界的スターが捕鯨を歓迎しているとも受け取られる発言は、ファンや反捕鯨派の人々の怒りに火をつけたようだ。コメント欄には、

「恥ずべき投稿!金輪際フォローしない!」
「心底失望した...」
「今すぐ画像を消すべき」
「ケイティ、だめだよ。日本の捕鯨はとっても残酷なの」

といった批判的な声が続々と書き込まれた。

   この反応に慌てたのか、ケイティさんはその後、キャプションを変更。「calm down I didn't put that thing in my mouff(私が食べたわけではないのだから落ち着いて)」などと呼びかけた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中