2018年 7月 23日 (月)

トヨタとマツダが提携拡大 環境対応車の共同開発へ

印刷

   トヨタ自動車とマツダが提携拡大の最終調整に入ったことが2015年5月9日に分かった。環境対応車の共同開発や、部品調達での協力も行っていく考えだ。

   トヨタはマツダに対し、燃料電池車(FCV)や家庭で充電できるプラグインハイブリッド車などの技術を供与し、マツダはガソリンやディーゼルエンジンの高出力・低燃費技術を供与する方針だ。さらに、部品の共同調達なども行い、コスト削減を狙う。環境対応車の技術については開発費が膨らみ、一社で費用を賄うのは無理な状態になっている。2社の連合によってグローバル競争を勝ち抜こうというものだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中