2018年 11月 15日 (木)

ソフトバンクの孫社長、元Google最高幹部のアローラ氏を後継者に

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   ソフトバンクの孫正義社長は、2014年10月にソフトバンクに参画した、元Google最高幹部のニケシュ・アローラ氏を、後継者にする意向であることを2015年5月11日に開かれた決算会見で明らかにした。アローラ氏は同社のナンバー2である代表取締役副社長に就任する予定で、6月19日に開催する定時株主総会で正式決定する。

   アローラ氏は、Google入社以前、Putnam Investmentsで通信業界のアナリストとして活躍。2000年にモバイルデータ分野の会社を設立、また米T‐Mobileでは欧州事業の最高マーケティング責任者(CMO)や取締役などの要職を務めた。ソフトバンクでは米SoftBank Internet and Mediaの最高経営責任者(CEO)を務める。

   孫社長は会見で、アローラ氏が実質的な後継者なのかという報道陣の問いに対して、「イエス」と明言。そのうえで、「いま、将来のことをコメントすべきではないが、最重要なわたしの後継者候補であることは間違いない」などと語った。

   なお、ソフトバンクが同日発表した15年3月期連結営業利益(国際会計基準)は、前年比8.8%減の9827億円。売上高は前年比30.1%増の8兆6702億円だった。

   米スプリントや米携帯端末卸売大手のブライトスター、フィンランドのスマートフォン向けゲーム大手のスーパーセルなどが連結対象に加わったことが売り上げに貢献した。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中