2019年 12月 7日 (土)

「何から何まで似ている」 「鳥貴族」にも「丸源ラーメン」にも訴えられた会社

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   焼き鳥店の看板のデザインなどが酷似していると、焼き鳥チェーン大手の「鳥貴族」に損害賠償を求められている京都の外食チェーンが、今度は「丸源ラーメン」を運営する物語コーポレーションから訴えられた。

   訴えられたのは、「熟成醤油の肉そばラーメン」の「にく次郎」を運営する、秀インターワンだ。

  • 「にく次郎」と「丸源ラーメン」ののぼりがそっくり!(左がにく次郎、右が丸源ラーメン。写真は、物語コーポレーション提供)
    「にく次郎」と「丸源ラーメン」ののぼりがそっくり!(左がにく次郎、右が丸源ラーメン。写真は、物語コーポレーション提供)

店員のユニフォームまで酷似している

   全国に106か店の「丸源ラーメン」を運営する物語コーポレーションは2015年5月14日、「熟成醤油の肉そばラーメン」の「にく次郎」を運営する秀インターワンを相手どり、大阪地裁に不正競争行為差し止め請求の仮処分を申請した。

   ラーメン店「にく次郎」が使っている「熟成醤油」の烙印に「肉そば」と書かれたのぼり、細い木材を垂直に等間隔に並べて格子状に配置した店舗の外観や提供しているラーメンのメニューに使用している「熟成醤油肉そば」の名称、さらには黒の半袖Tシャツと濃紺の前掛けという店員が着るユニフォームまでが、「丸源ラーメン」に酷似しているとし、それらの使用差し止めを求めた。

   町にさまざまな飲食店が溢れるなか、店名が同じだったり、店舗の外観や看板、内装や店内の雰囲気がどことなく似ていたりすることはないわけではないが、「丸源ラーメン」と「にく次郎」は比べると、たしかによく似ている。

   インターネットでは、ツイッターなどで両者の店舗やのぼりを比較する写真などが公開されていて、

「さすがに、これはダメだろ・・・」
「はっきり言って『にく次郎』のオリジナリティーZERO。この会社の『鳥次郎』も『鳥貴族』から訴えられてるし、何を考えてんだろうなぁ」
「バレないと思ったのかな・・・」
「偶然似るのには限度がある。『鳥次郎』『にく次郎』はおそらく確信犯じゃないかな」
「『鳥次郎』に『にく次郎』か、なんだか悪質だな。他にもパクりあんじゃねーの?」

と、「似ている」の声はかなり多い。

   しかし、そんな中に、

「似てて、何か問題でもあるの。味はマネできないだろうし、所詮その程度の店だと思っていればいいじゃない」

など、寛容な声がないわけではない。

   「丸源ラーメン」を運営する物語コーポレーションは、これまでも商品名の変更やのぼりの撤去などを求めたが受け入れてもらえなかったと経緯を説明。「外観などが似ていると、同じチェーンの店舗だと誤解するおそれがある」と主張している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中