2018年 8月 19日 (日)

「双日」副社長、停車中に追突され死亡 川崎の首都高湾岸線で

印刷

   2015年5月16日7時25分頃、川崎市川崎区浮島町の首都高速湾岸線下り線で、停車中の乗用車にトラックが追突した。乗用車の後部座席には大手商社双日の副社長執行役員、喜多敏彦さん(62)が乗っており、全身を強く打って約8時間後に死亡した。トラックを運転していた男性(62)、乗用車を運転していた男性(48)と助手席の男性計3人は軽傷だった。

   現場は片側3車線。乗用車がワゴン車に追突されて一番右側の車線に停車していたところ、さらにトラックに追突された。ワゴン車はすでに路肩に退避していたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中