東大野球部、ついに勝った 連敗94で止める

印刷

   東京六大学野球の春季リーグが2015年5月23日に神宮球場で行われ、東京大が法政大に6-4で勝利し、連敗を94で止めた。

   東大は2点リードされていた8回に追いつき、延長10回で勝ち越した。2010年秋季リーグで早稲田大に勝って以来、2分けをはさみ連敗のリーグワースト記録を更新していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中