栗原類、発達障害を告白、「『笑っちゃいけない』とは思わないで」

印刷

   モデルの栗原類さん(20)が5月25日、情報番組「あさイチ」(NHK)に出演し、発達障害のひとつ「注意欠陥障害(ADD)」であると告白した。

   番組は「増加!夫の発達障害 苦悩する妻」と題して発達障害に悩むひとびとを特集した。ゲストの栗原さんは米国に住んでいた8歳の時、ADDの診断を受けたと明かし、「人に合わせられなかったり、決め事やこだわりが強い」とその症状を説明した。

   番組放送後にはブログを更新。「ご覧頂いた方々の反応も暖かく僕が伝えたかった事をちゃんと伝える事が出来て凄く嬉しかったです」と今の心境を綴った。

   「小学校や保育園での他の子供達の怒鳴るような歌声に耐えきれなかったり習慣を乱されると『気持ち悪くなる』」という症状は、ある程度の訓練で「柔軟性」を身に付けられるという。

   ブログの最後では、「僕の行動に関して今まで面白いとバラエティで笑ってくれた方々、僕が発達障害者だと知ったから『笑っちゃいけない』とは思わないでください」とファンへ呼びかけ、「僕の個性が人を笑わせられるほど面白いのであればそれはコメディ俳優を目指している僕にとっては本望です」と率直な思いを書いた。

   栗原さんはイギリス人の父と日本人の母を両親に持ち、端正な顔立ち、高身長でありながらも後ろ向きな発言を繰り返す「ネガティブすぎるモデル」としてバラエティ番組などで活躍中だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中