2019年 5月 25日 (土)

アイドルのヘリウム事故、痙攣して卒倒するほどの重症だった BS朝日番組、日本小児科学会が「BPOでの審査が必要」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   BS朝日のバラエティ番組で起きたヘリウムガス吸引事故について、テレ朝側は、アイドルグループの少女(12)が吸引後に意識を失ったと説明していた。しかし、実際は、痙攣して卒倒するほどの重症だったことが、日本小児科学会の経過報告で分かった。

   この番組「3B juniorの星くず商事」では、2015年1月28日の収録当時、市販のパーティーグッズを使ってゲームをしていた。

  • 何も釈明しないのか
    何も釈明しないのか

後頭部を強打し、全身が硬直して激しい痙攣

   日本小児科学会ホームページや学会雑誌に載せられた報告書「ヘリウムガス入りスプレー缶の吸引による意識障害」によると、事故に至るまでの経緯は次のようだった。

   吸うと声が変わるというヘリウムガス缶をネタに、少女を含めた出演者5人がゲームを始めた。1本のみガス缶、残りの4本は空の缶という設定で、5人がそれぞれ缶を取って吸い始めた。しかし、1回目は、だれの声が変わったか分からず、やり直しになった。そして、2回目になって、少女は、ガス缶を右手で持って左手で鼻をつまみ、司会者の合図で吸引した。

   ところが、「4秒ほどして缶を口から離した直後から右手を震わせ始め,約 5 秒後に後方へ卒倒した」というのだ。少女は、受け身を取れなかったため後頭部を強打し、全身が硬直して激しい痙攣を起こした。

   すぐに救急車が呼ばれたが、病院で胸のCTを撮ったところ、肺や皮下組織内などにガスがたまった状態であることが分かった。入院翌日も意識障害が続いたほか、左半身の痙攣が残った。その後、症状は改善したが、入院6日目で再び痙攣を起こした。

   少女は、それを受けて転院し、脳の血管にガスが入って血流が妨げられる「脳空気塞栓(そくせん)症」と診断を受けた。その病院で、高圧酸素療法を受けた結果、左半身の麻痺が改善し、目も開けられるようになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中