セカオワ、映画「進撃の巨人」主題歌を担当! 全編英語詞で綴った「悪役のラブソング」

印刷

   4人組バンド「SEKAI NO OWARI」が今夏公開の映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の主題歌を担当する。2015年5月27日、同バンドの公式サイトで発表された。

   「進撃の巨人」は巨人と人類との戦いを描いた人気コミックが原作。主人公のエレンを俳優・三浦春馬さん(25)が演じ、長谷川博己さん(38)、石原さとみさん(28)、水原希子さん(24)など豪華キャストも共演する。

   2015年8月1日から前編「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」、9月19日から後編「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」の2部作が連続上映される。

   SEKAI NO OWARIは、前編主題歌「ANTI-HERO」(アンタイヒーロー)、後編主題歌「SOS」(エスオーエス)ともに全編英語詞で書き下ろした。

   公式サイトには前編主題歌の作詞を手がけたFukaseさん(29)、後編主題歌の作詞を担当したSaori(28)さんがコメントを寄せている。

   Fukaseさんは「ANTI-HERO」について、「テーマは『悪役のラブソング』です。大切な人を守るときに、躊躇いたくない、世間の目なんか気にしたくない、という気持ちから書き始めました」と説明する。Saoriさんは「SOS」について、「戦いがテーマであるこの映画を観て、『誰かを守ることは自分を守ることと同じなんだ』という歌詞を書きました」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中