2018年 5月 22日 (火)

男性会員270万人、女性会員1人の出会い系サイト 「女のふりするサクラ」になぜ1300万円も使ってしまうのか

印刷

   摘発されたサクラばかりの出会い系サイトには、千葉県警の調べで、10年間で延べ270万人もの男性が会員登録をしていた。しかし、気を付ければ、防げた詐欺被害であったようだ。

「○○だけど、知り合いの●●が彼氏と別れて、寂しがっている。こちらのチャットにいるから、よかったらよろしく」
  • 偽ラインサイトで誘導
    偽ラインサイトで誘導

アルバイトの男がやり取り相手に

   問題のサイトでは、ライン上でこんな内容のメッセージで誘って、チャットルームから自サイトに誘導していた。そのチャットルームも、ラインのロゴを無断使用して、ラインの公式サイトのように装っていた。

   サイト運営会社社長の男(43)ら8人は、偽のラインロゴを使った商標法違反(侵害行為)の疑いで2015年5月13日に千葉県警に逮捕され、うち男ら3人は6月3日になって、詐欺の疑いで再逮捕された。

   調べによると、男らは14年11月、運営サイトの1つ「e-フレンズ」の女性会員に成りすまして、都内の会社員男性(19)と別の男性(24)の会員2人にメッセージを送り、サイト利用料計9万円を騙し取った疑いが持たれている。今回は、ほかに運営会社の社員ら5人も同じ詐欺容疑で逮捕されている。

   女性会員との出会いは名ばかりで、登録は1人だけしかいなかった。男性会員がメッセージのやり取りをしていたのは、すべて約30人いたアルバイトの男だった。つまりほぼ完全なサクラサイトだったわけだ。

   運営会社社長の男は、3つの出会い系サイトをやりくりし、04年から14年までの10年ほどの間に、66億円も売り上げていた。

   被害者の男性会員には、1300万円ほども騙し取られていたケースがあった。県警のサイバー犯罪対策課によると、データベース上は59歳の男性で、メルアドを聞くだけで1万円、さらに自分のメルアドを教えると1万円かかるような徴収システムでお金を巻き上げられていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中