握手会「2割が中国の方」 HKT指原さん明かす

印刷

   AKB48グループの「選抜総選挙」で2年ぶりの首位を獲得したHKT48の指原莉乃さん(22)が2015年6月6日にヤフオクドーム(福岡市中央区)で行われた開票イベント後に報道陣の取材に応じ、握手会に訪れる人の「2割が中国の方」だと明かした。指原さんの大量得票(19万4049票)は、いわゆる「中国票」が背景にあるとの指摘もあり、中国からの支持も指原さん人気を支えていることが裏付けられた形だ。

   指原さんは、この「中国票」という呼び方は「すごく嫌」と指摘しながら、

「私だけでなく、(HKT48の)全メンバーが(中国票の)存在を感じていると思う」
「すごく感謝を伝えたい」

と述べた。

   HKT48は14年12月から15年1月にかけて台湾と香港でコンサートを行っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中