シー・シェパード、日本側へ3億円支払いで合意

印刷

   反捕鯨団体のシー・シェパードが日本の調査捕鯨活動を妨害していた問題で、日本鯨類研究所は2015年6月9日、シー・シェパード側が255万ドル(約3億1700万円)を支払うことで合意したと発表した。

   シー・シェパードには2012年12月、南極海での日本の捕鯨船に対する妨害行為を差し止める仮処分命令が米連邦高裁から出されていた。しかしその後も妨害を続けていたと14年12月に同高裁で認定され、船体破損の弁済が命じられていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中