2020年 1月 19日 (日)

外国人観光客目当ての免税店など、都内に続々オープン

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   中国人など外国人観光客を目当てにした免税店などが、東京都内に続々とオープンしている。

   家電量販店のラオックスは、新宿本店を2015年6月6日にオープンさせ、中国語や英語などができる担当者をそろえた。店頭には、中国人に人気のある化粧品や炊飯器が並んだほか、イスラム教徒向けの食品コーナーも設けてある。また、韓国のロッテは、銀座に免税店を15年度中にも開店させることを明らかにした。化粧品やタバコ、酒類、土産品などを販売し、羽田・成田両空港で商品を受け取る方式だ。

   ヤマダ電機は4月10日、東京・新橋に「LABIアメニティ&TAXFREE」をオープンしている。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中