2018年 10月 17日 (水)

JASRAC、著作権使用料払わない258施設に法的措置

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   日本音楽著作権協会(JASRAC)は2015年6月9日、著作権使用料を支払わずBGMを流していた美容室や飲食店など171業者、258施設に対し、全国の簡易裁判所に民事調停を申し立てたと発表した。今回の申し立ては繰り返し催促しても手続きに応じなかった施設を対象とする。全国の支部が一斉に法的措置をとるのは初めて。

   1999年の著作権法改正をうけ、JASRACが店舗や施設から業務用BGM使用料の徴収を始めたのは2002年だった。当時は日本BGM協会や全国有線音楽放送協会などの支払い代行により、ほとんどの施設が適法に使用できていたという。

   しかし、携帯音楽プレーヤーやインターネットラジオなどBGMの音源が多様化。所定の手続きを取らずに使用し続ける店舗、施設が増えたという。JASRACはこれらに対し2013年度から個別に調停を申し立ててきた。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...